白石達也とカメラの話

宮城県仙台市を中心に活動しているカメラマン、白石達也。彼はカメラマンとして活動していますが、カメラに関しての腕前への評価がとても高いです。世の中にはカメラマンが大勢いますが、白石達也は「白石達也ではないと撮影出来ない」写真が多々あるのです。なぜなら、カメラマンではあるものの、カメラよりもむしろ他の部分へのこだわりが強いのです。カメラマンにとって、カメラこそ商売道具になりますので、常日頃からカメラへのメンテナンスを欠かさないのがカメラマンです。カメラの能力を最大限に発揮するため、カメラがどのような性能なのかを理解する事もまた、カメラマンにとってとても大切である事は言うまでもありません。

もちろん白石達也もカメラへのこだわりは強いのですが、カメラよりも「どうすれば良い写真を撮れるのか」という点に注意を払っています。とかく、カメラマンはテクニカルに走りがちです。シャッターのタイミングや、絞り、光源。それらに自分の感性をマッチさせるのがカメラマンの裁量とも言えるのですが、白石達也に関してはカメラへのこだわりがない訳ではありませんが、一番の目的は「良い写真を撮影したい」というものであって、決してカメラを使った独り善がりな撮影ではありません。カメラマンの中には、良い写真を撮影したいという気持ちはあるものの、それ以上にカメラを撮影している事に酔いしれてしまうケースも見受けられます。

シャッター音が自分自身のテンションを高めていき、求められたものというよりも、自己満足的な写真撮影に終始してしまうカメラマンも少なくなかったりするのですが白石達也はあくまでも求められている写真を撮影するためには何が必要なのかをじっくりと考えた上で、ではそのためにはどうすべきなのか。決してカメラだけに頼るのではなく、ニーズに応えるためには何が大切なのかを考えられるカメラマンなのです。白石達也の評価が高まっているのはそのためです。カメラマンの撮影も多種多様で、自分の能力を発揮するケースもあれば、求められているものを撮影して欲しいシチュエーションもあります。白石達也はどちらなのかを冷静に考えることが出来るので、自分のエゴを押し通すのか、あるいはニーズに応えるべきなのか。

その点をしっかりと見極めるだけの客観的な視点を持っているカメラマンですので、撮影された写真からは、明確な意思を見て取れるのも彼の作品の特徴なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. さて、前回の記事1では、なぜ電気代が値上がりするのか?について解説しました。今回は以下3つのことを詳…
  2. 池田富一です。自分のことを書く場を作ってみたので、せっかくだし自己紹介というか...自分語りでもしよ…
  3. 分からないことをインターネットで検索するとすぐに答えが出る昨今ですが、それがすべて正しい内容であると…
ページ上部へ戻る