矢口敏和のコミュニケーション力

矢口敏和という男性にはいろいろと素晴らしい点がありますが、一番はコミュニケーション能力が優れているという点です。人見知りをしないという彼は、初対面ではあっても気楽に人と話せるのです。挙動不審になるのでもなく、お世辞ばかりで不自然に持ち上げるでもなく自慢をするでもなく、自然な形で人と接する事が出来るのです。そんな矢口敏和が最近ハマっているというものがボルダリングです。

地元の埼玉でボルダリングをする機会が増えているようですが、ボルダリングは競技そのものは一人で向き合うものの、サポートや支持、さらには同じようにボルダリングを楽しんでいる人たちもいますので、コミュニケーションも大切です。矢口敏和の場合コミュニケーション能力が高い事もあり、同世代だけではなく、幅広い人と友達になってしまえるのです。

ボルダリングはちょっとしたブームとなっているため、矢口敏和が足を運ぶボルダリング場にも老若男女を問わず、多くの人が集まっています。ですが、誰とでも分け隔てなく話して楽しんでいるのです。そのためか、ボルダリング仲間とボルダリング以外の場所で楽しむ事もあるようです。ボルダリングで知り合っただけで、ドライブやツーリングを楽しんだり、バーベキューなどアウトドアを楽しんだりしています。

共通しているのはボルダリングというだけで、他の部分は全然違うような仲間たちとも普通に楽しんでいるのです。いずれはロッククライミングを楽しみたいとも考えているようですが、ボルダリング仲間でもロッククライミングに興味を持っている人が多いようで、一緒に楽しみたいと考えているようです。このように、コミュニケーション能力が高いので趣味も満喫出来るのでしょう。ですが、決してプライベートシーンだけではなく、仕事でもコミュニケーション能力の高さを発揮しているようです。

人見知りという言葉とは無縁の矢口敏和は、いろいろな人と接する事が楽しいと話します。価値観が違っているとしても、価値観の違いそのものを受け入れる事で、違う意見をもたらしてくれるので貴重だというのです。人間は自分と違う意見を持っている人に対しては親近感を抱かず、いつしか距離が出来てしまうものですが、矢口敏和に関してはそのような事はありません。矢口敏和がいつまでも若々しくあるのは、見かけの問題よりも、コミュニケーション能力が高いため、誰とでも楽しい時間を過ごす事が出来るからなのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年は、サービスを提供する企業は増加し、サービス就業人口も増加しています。そして、サービスを提供する…
  2. さて、前回の記事1では、なぜ電気代が値上がりするのか?について解説しました。今回は以下3つのことを詳…
  3. 池田富一です。自分のことを書く場を作ってみたので、せっかくだし自己紹介というか...自分語りでもしよ…
ページ上部へ戻る