金昌宏の目標

金昌宏

金昌宏は、世界的なデザイナーになることを目標にしています。デザイン部門で賞を獲得することは、彼にとっての目標の一つに過ぎません。彼は決して天才ではなく、地道な努力を重ねてきた、一介の努力家です。目標があることで、彼は日々を大切に生きるよう、努力されています。

彼が目標を作った理由は、学生時代の親友の意見がきっかけでした。親友は、彼の才能を見抜いており、まだまだ先がある、今に慢心せず、頑張り続けるべきだ、と話しました。彼は最初、とても戸惑っていたそうですが、次第に親友の意見を聞き入れるようになり、目標を形成するに至ったそうです。親友は、ある街の芸術大学に進み、絵の歴史などの研究の道に進まれたそうです。

彼にとって、一流への道は、長く遠いものです。一流になるのが面倒くさいのではなく、デザイナーとして、自分の道を切り開く作業の困難さを、肌身をもって実感しているからだすです。だからこそ、金昌宏は休日を返上して、毎日のように作業をされています。気分転換のため、絵を描きにいくこともあるそうです。デザイナーは、絵の完成度とイメージを両方表現する必要があるため、常にイメージを膨らませられる方に向いているそうです。

時には、目標を失って、右往左往することもあるそうです。彼はまだ若く、失敗も多いです。でも、成功するまでには、必ず失敗が必要だと、彼は考えます。目標がないなら、過去に達成できなかった目標を達成すればいい、それが、彼の口癖です。自分の生活サイクルを完成させることが、金昌宏の当面の課題です。

金昌宏にとって、世界一は、まだ当分先だそうです。そもそも、コンテストに出られる腕でもないのに、そんなこと出来るわけない、と思っておられるとか。彼は相当腕がいいので、周りの方もかなり推しておられるのですが、金昌宏自身は、それよりも自分の未熟さを克服する方が、ずっと大切だと考えられています。

彼から見れば、子供たちこそ、もっとも輝いているんだとか。「目標が高すぎてしまうと、下げるのが大変になる。でも、子供たちは無限の可能性があるため、彼らの将来を大切にすべきだ」と考えておられます。子供たちの歩く様子をみて、新しいアイディアが思い付くこともあるそうです。

目標に向かって進む彼の顔は、とてもりりしく映ります。そして、彼は今日も仕事に邁進しています。最初の頃は何も出来なかった彼も、数日で一通りの仕事が出来るようになりました。今後も、ちょっとしたことに目を向けつつ、少しずつ職務に邁進していかれるそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年は、サービスを提供する企業は増加し、サービス就業人口も増加しています。そして、サービスを提供する…
  2. さて、前回の記事1では、なぜ電気代が値上がりするのか?について解説しました。今回は以下3つのことを詳…
  3. 池田富一です。自分のことを書く場を作ってみたので、せっかくだし自己紹介というか...自分語りでもしよ…
ページ上部へ戻る