まだまだ発展して行くライジングトラスト

株式会社ライジングトラスト
ライジングトラストは2009年に誕生した会社です。代表取締役は鈴木一隆という人物です。資本金は設立当初は999万円でしたが、それから数年で現在の9800万円まで増資を行っています。これは、それだけ早いスピードで会社が成長してきたことの証だと言ってもいいでしょう。2013年にはライジングパートナーを設立し、以後ここをライジングトラストの営業部門と管理部門として分社しています。2014年にはタイのパタヤにRising Asia CO,LTDを設立しています。
ライジングトラストの事業内容は、自社ブランドマンションとして扱っている「ライジングプレイス」の企画や事業展開、更にはマンション経営に投資コンサル、これらの附帯する業務を行います。資産価値を持った質の高いブランドマンションの展開、それに加えて不動産に関する事業を行うことによって、金銭面からのサポートも行っているのです。

マンション投資を徹底サポート
ライジングトラストでは投資用のマンションを購入することが出来ます。しかし、単にマンションを購入しただけでは意味がありません。もちろん、マンションは建物ですし、資産価値もあります。ですが、それは経年劣化していくものですし、やはりそこに入居者がいて、毎月家賃収入が入ってきてこそ資産としての意味があるわけです。そうでなければ、ただ毎月管理費用だけがかかってしまい、結局売りに出す結果になってしまいます。事実、マンションを購入した人はこうした人もたくさんいるといわれているのですが、ライジングトラストであればそうした心配も要らないのです。
ライジングトラストでは、多数あるグループ会社にて、マンション投資や経営の総合サービスを提供してくれているのです。ライジングプレイスの企画や事業展開などを行うライジングトラスト、ライジングプレイスの販売や契約業務、マンション経営のコンサルを行うことになるライジングパートナー、ライジングプレイスの入居者募集、管理、賃貸仲介などを行うトラスト賃貸管理、ライジングプレイスの施設管理や保全業務、損害保険代理業などを行うトラスト建物管理といったところがあります。こうした数々のグループ会社によって、マンション経営に必要になることをサポートしてくれるため、安心して投資に手を出すことが出来るわけです。これから投資用のマンションを購入したいという場合、これはとても嬉しいところではないでしょうか。

ライジングパートナーとは
ライジングパートナーとは、ライジングトラストから別れた会社であり、不動産の売買やマンション経営コンサルティングを目的としたものです。設立されたのは2013年と歴史の浅い会社ではありますが、こちらは2016年に資本金を5000万円に増資しています。こうした点から見ても、ライジングトラストが勢いのある会社ということが分かります。

お客様に尽くすこと
ライジングトラストは、現在多くの人たちからの注目を集めているのですが、それらは公的年金や景気、税金に関する問題などにおいて将来に不安を感じている人たちからのものです。不景気な時代だからこそ、ゆとりのあるライフプランを求めているわけであり、そのゆとりあるライフプランを実現させるためにマンション経営をしようという人が多いというのです。こうしたときに、ライジングトラストはお客様のために何が出来るのかということを考えて、全力で行動するというのが創業からの変わらぬ思いとなっているのです。お客様の資産形成や運用において、最高のパートナーになるための従業員一人ひとりが努力を重ねているわけです。こうしたことが出来るからこそ、ライジングトラストは短い期間で成長が出来たといっても過言ではないでしょう。
ライジングトラストのトラストとは、信頼という意味となっています。いつまでもお客様の信頼を得られるパートナーであることを願って、会社名をライジングパートナーとしているのです。お客様から信頼される事業を行うこと、そしてパートナーであることを目指して常に全力を尽くしているのです。

海外展開
ライジングトラストは、海外でも展開を行っています。2014年の2月から海外で展開がされています。タイのパタヤに立ち上げた現地法人というものがあります。ライジングアジアというのですが、この地にて様々な調査や準備を行い、物件を販売できるまでになっているのです。タイを含めた東南アジアの経済は、海外からの投資を受け入れつつ、海外資本によるコンドミニアム、レジデンスが次々と構築されているのです。こうした傾向は続くと予測されたことによって、ライジンググループは現地法人を設立し、タイでの事業を始めることになったというわけです。今後も人々の多くの夢を叶えるために、海外に向けてもライジンググループは良さを伝えるということを行っているわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. さて、前回の記事1では、なぜ電気代が値上がりするのか?について解説しました。今回は以下3つのことを詳…
  2. 池田富一です。自分のことを書く場を作ってみたので、せっかくだし自己紹介というか...自分語りでもしよ…
  3. 分からないことをインターネットで検索するとすぐに答えが出る昨今ですが、それがすべて正しい内容であると…
ページ上部へ戻る