エヌフィールドの訪問看護サービスで安心の暮らし

エヌフィールドは、利用者がどのような障害を抱えていたとしても、在宅で看護する事が出来るようなサービスを提供している会社です。障害を抱えている人であっても、在宅で治療を行うという事は十分に可能であり、適切な通院による医療を受ける事が効果的な場合も多いと言えます。この会社では、医療に携わった経験のあるスタッフが多数在籍しており、それぞれの経験を生かした看護サービスを行う事により、患者さんの生活の質を上げる事を目的として活動をしているのです。住み慣れている家へ訪問し、必要に応じて看護を行うという取り組みを長年続けていく中で、患者さんとの交流を深める事も可能になり、それ自体が診療としての効果を発揮する事にもなります。

エヌフィールドの提供している在宅看護サービスは、病院での診療とは少し異なり、利用者が主体となって生き方を選択する事が出来るという方針で活動を行っています。そのため、病院の都合ではなく、患者さん自身がどのように生きたいのかを常に考えながら看護を行っているのです。利用者との交流の中で生活について会話をする中で、何気ない一言から交流が生まれる事もあるでしょう。そのような心のつながりを求める患者さんの数は非常に多いために、常に自然体でいられる環境作りを目指している会社であるという事ができます。現在の病院での治療に対して不満があればそれを親身になって聞き、病院側に積極的に提案をする事の出来るようなフットワークの軽さが、現代社会において求められている看護のあり方だという事ができるのです。

エヌフィールドの訪問看護サービスでは、精神的な障害に苦しんでいる人がより快適な暮らしをするためのサポートを行っています。例えば、病気が原因で自宅に閉じこもりがちになってしまう患者さんや、医師から処方された薬を決まりどおりに飲む事が出来ないといった利用者さんの手助けを行うという事が可能です。また、精神的な障害により自分の身の回りの事を上手に行う事が出来ないという場合には、病状に十分な配慮をしながらお手伝いをする等の活動を行っています。常に患者さんと一緒に生活をしているからこそ気付く事が出来る日常生活での些細な変化や日常生活に対する不満を注意深く観察し、必要に応じて病院への受診を提案するといった新しい看護を行う事が出来るという点において、エヌフィールドの訪問看護サービスはますます注目されているのです。

株式会社N・フィールド
http://www.nfield.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年は、サービスを提供する企業は増加し、サービス就業人口も増加しています。そして、サービスを提供する…
  2. さて、前回の記事1では、なぜ電気代が値上がりするのか?について解説しました。今回は以下3つのことを詳…
  3. 池田富一です。自分のことを書く場を作ってみたので、せっかくだし自己紹介というか...自分語りでもしよ…
ページ上部へ戻る