エビス紙料は循環型の社会に貢献している会社です

エビス紙料は循環型社会に貢献している会社です。その事業内容は主にリサイクルですが、プラスチック、紙、木、繊維を半毛、粉砕、RPF固形燃料化、再ペレット化して自動車の内装材や工場の発電燃料として、プランターやうちわなどの材料として再販売します。四国工場、三木工場、愛媛工場と3つの工場を所有しており、それぞれ専門的なリサイクルを行っています。
エビス紙料が専門的に手掛けているRPF固形燃料の製造によって天然資源の節約効果が生まれます。石炭やコークス、化石燃料の代替資源として活用されており、環境に優しいだけでなく企業の利益にも貢献しています。

エビス紙料はリサイクルを専門に行っているだけでなく、収集運搬事情も手掛けています。排出工場の状況に応じて荷姿や運送を調整することができ、クライアントまで安全適切に運搬することが可能になります。自社製品に自信を持っているだけでなく、配送事業まで責任を持って担当することで納期や材質、分量といった細かい調整までクライアントの希望に沿った対応が可能になるのです。
エビス紙料の平成23年度の処理実績はRPFの製造が月平均3000トン、再生ペレット製造が月平均600トンと一般企業の中でもトップクラスの実績を誇っています。敷地面積も四国の工場だけで6000平方メートル以上もあり、設備面でも最先端のものを備えています。

エビス紙料のリサイクルへの取り組みは自治体や地元の住民に対してもオープンなものになっており、情報を共有していつでも工場見学ができるように準備されていますし、車両の搬入経路や騒音問題などにも明確な基準を設置しています。
エビス紙料の組織体制では工場を中心に位置付けており、工夫とアイデアが生きる現場主義をモットーにしています。製造部の下にリサイクルセンターと工場が置かれ、製造部を補助する位置にメンテナンスセンターが設置されています。部署ごとに明確に担当を分類しておくことで、クライアントからの要望にスムーズにスピーデイに対応できる体制を整えているのです。

エビス紙料は昭和36年創業でリサイクルを専門に行ってきた老舗の企業でもあり、業界最先端の技術を誇るリーダー的な存在の会社でもあります。廃棄物のリサイクル量の拡大とゼロエミッションの実現に向けて努力を続けており、循環型社会の構築に貢献してくれています。風光明媚な瀬戸内海の自然を守るために、子どもたちの未来を守るために努力を惜しまない企業の姿を見せてくれています。

エビス紙料株式会社
http://www.ebisu-eco.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新投稿記事

  1. 近年は、サービスを提供する企業は増加し、サービス就業人口も増加しています。そして、サービスを提供する…
  2. さて、前回の記事1では、なぜ電気代が値上がりするのか?について解説しました。今回は以下3つのことを詳…
  3. 池田富一です。自分のことを書く場を作ってみたので、せっかくだし自己紹介というか...自分語りでもしよ…
ページ上部へ戻る