エス&ケイ(株)が通信サービスを利用し悪質サジェスト対策

分からないことをインターネットで検索するとすぐに答えが出る昨今ですが、それがすべて正しい内容であるとは限りません。しかもエゴサーチを行ったときに自分や自分の勤務先にマイナスイメージのワードがあったら、気になりますし何とかしたいと思うでしょう。そもそも、検索エンジンキーワードの関連語句をサジェストといいますが、そのサジェストに悪意のあるワードが検索候補ワードとして抽出されたら悪質なサジェストに対する対策を講じたいと考える人が多くいます。エス&ケイ(株)はそれらの悪質なサジェストに対する対策を提供しています。

エス&ケイ(株)が提供できるサービス内容としては、専門業者や特定の集団を使った悪質な方法でサジェストに表示されるようにされてしまった言葉を消したり表示しづらくする方法です。ヤフーやグーグルの検索エンジンで基本的にヤフーはグーグルの検索エンジンを利用しているのですが、検索方法はまたく違うものを利用しているのです。ですから風評被害のあるワードの削除依頼を提出しても、片方の検索エンジンでは削除されていてももう片方は未だに表示されるという相談があります。主にグーグルは既成概念に近いワードをキーワード検索の表示単語として出てくるのですが、ヤフーは同じ検索エンジンを利用していても検索頻度の多い単語から順番に表示されるようになります。ロジックの違いで単語の削除に時間差が出るのは理解いただけたと思いますが、他にも大きな違いがあります。サジェストや検索キーワードにネガティブな言葉が出やすいのは検索している人達のニーズが高いからということにもなります。それらのワードを利用して検索エンジンの近くに表示される広告には、それらの検索キーワードなどから登録された特定の商品サービスなどの表示をするつくりになっているので、なかなか特定の言葉だけ削除することが難しいということになります。

検索エンジンの提供元へ削除依頼を提出しても対応されないこともあります。では、削除できないと他に手はないのかというと、表示させないまたは表示させづらくする方法があります。悪質なネガティブキーワードをポジティブまたはフラットなキーワードで順位を下げて表示させづらくする方法があります。ネガティブキーワードの検索結果表示画面にポジティブな内容を記載してしまうなどの方法もあります。ネガティブワードを隠したり、逆に利用するなどして、マイナスイメージを回避することが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 池田富一です。自分のことを書く場を作ってみたので、せっかくだし自己紹介というか...自分語りでもしよ…
  2. 分からないことをインターネットで検索するとすぐに答えが出る昨今ですが、それがすべて正しい内容であると…
  3. さまざまな場所で利用されているトランクルームを知っていますか?聞いたことがない人もいるかも知れません…
ページ上部へ戻る